甘い混沌

混沌としたブドウの木、ねじれた絡み合った枝が豊富。花はイカルスのように太陽に向かって空に向かって伸びています。金色の光を浴びて甘い野生の花。てんとう虫が飾られました。彼らの基地には、残忍な地下世界、野生の成長の叫び、ツルニチニチソウの斑点、紫の青い鐘があります。甘い混沌。道端の野花に触発されたこの一連の絵画では、都会の地面、もつれた草、そして生命を争う日和見の花の野生の美しさを捉えたかったのです。彼らの見過ごされた素晴らしさにまばゆいばかり。甘い混沌は美しい花以上のものです。生き残るための闘い、反抗、そして荒々しい都会の土地の美しさを伝えたかったのです。
0 製品

このコレクションには商品がありません