至福

フィンセントファンゴッホの印象派の絵画の美しい色とジャクソンポロックの表現主義のアートワークのダイナミックな動きに触発されて、光がねじれた葉と混沌とした下草を通して踊る形を作り出す動く風景の中で野生の花を撮りたかったのです。これらの半抽象的な印象派の絵画は、野生の庭を表現しながらダイナミックな動きに満ちており、大きな幼稚な花が自然の美しいシンプルさを模倣しています。表現主義の下草は混沌への動きを意味し、繊細な葉と蝶は絵画に焦点を当て、背景に並置され、混沌の中の秩序を表しています。自然の完璧なバランス。
0 製品

このコレクションには商品がありません